個人投資家のための収益物件QA

 

サイトをご利用の皆さまへ

ご来訪ありがとうございます。このサイトは、個人投資家の方が収益物件を探される上で知っておきたい不動産投資の基礎知識をお届けしているサイトです。

収益物件をどうやって探すのか?

儲かる収益物件を探すなら一番大切なのは、最新の情報をどれだけ多く仕入れられるか?です。不動産は水物なので良い物件にはあっという間に買い手が付くのが普通です。ですから、なるべくまめに情報を収集することができる人が勝ちです。収益物件の楽待なら最新の情報を常にチェックすることができます。また、匿名で不動産会社とやり取りできますので、初心者や初めての問いあわせの際にとても安心の仕組みです。

売りアパートとは

急速な高齢化社会への変貌に対応するため、一般のサラリーマンの間でも、資産を何とかふやそうとする人々が増えています。その多くは、株や投資信託、預貯金、債権などですが、最近急速に注目されつつあるのが「売りアパート」です。アパート経営は誰にでもできるというものではありませんが、アパート経営という仕事に大きな興味を持てるようであれば、必ず続けて行けるでしょう。では具体的にアパート経営とはどのようなものでしょうか。

 

一言で言えば大家業は収益物件を持つと言うことです。この収益物件のひとつがアパートです。もちろん、他にもマンションや一戸建てという場合もあります。物件を選ぶときのポイントは家賃収入から税金などを差し引いた利回りです。そのためは、まずはたくさんの物件を見て色々と見比べてみると良いと思います。

 

まずアパート経営では、物件取引価格にかかった費用から返ってきた家賃などを差し引いてどれだけ収益が出ているのかを確認します。アパート経営では、「利回り」つまり自分の物件に対する、年間の純収入の比率が、問題となります。銀行を始めとする預貯金に、投資としての旨味が無くなった今、物件さえ良ければ、ある程度の固定した利回りが期待できるアパート経営はひじょうにリスクも少なく、良い物件投資となります。

 

売りアパートの場合でも、新築の売りアパートと、中古の売りアパートがあります。当然のことながら、新築のうちアパートは高額な買物となりますが、最新鋭の設備などを備えている上に、中には高齢者対応や、バリアフリー、オール電化などを導入しているケースもあり、こうした売りアパートであれば、立地さえ良ければかなり高額の家賃でも入居希望者が増えるため、利回りが良くなります、とはいえ、中古の場合でも管理体制を厳重にするなど、後付けでできる部分の強化によって、アパートそのものの価値を高めるようにしていく方が良いでしょう。